私について(プロフィール)

心理カウンセラーFukaです。
スクールカウンセラーにお世話になった人に安心できる居場所を提供したい、との思いでカンセラーとして活動しています。

なぜそう思ったのか?というと
実は私は、幼少期から家庭に問題があり、生きづらさを抱えて生きてきました。

具体的には父の借金や浮気、家庭内暴力、お客さんや近所とのトラブル、警察沙汰の夫婦喧嘩等です。

子供の頃から友達付き合いが苦手で、集団行動も頑張りすぎて疲れていました。

中学生の時にスクールカウンセラーのお世話になったのがきっかけで、カウンセリングと出会いました。

高校の時は家庭も落ち着いていて、なんとか自分で処理できていましたが
大学生になり、祖母の家にお世話になったので家からは出れるようになりましたが、

将来の不安やプレッシャーなどを感じ、またスクールカウンセラーのお世話になりました。

その頃から、自らも心理に関する本を読んだり、大学の講義で青年の心理という心理学入門の講義を学ぶなど、心理学に興味を持ちはじめました。

就職後も定期的にカウンセリングを受けながら会社に通うも、仕事内容や周囲との関係に強いストレスを感じ、入社一年半後には鬱で休職をすることになりました。

その後は病院のリワーク(復職支援プログラム)を一年以上かけて通い復職するも、一年後には限界が来て退職する事に・・・。

それから職業訓練校に通って事務の仕事をしつつも、会社組織や集団に属することに苦痛を感じ、これからどうしていきたいか迷った時に、

「自分で自分のことを理解したい」と思い、

心理カウンセラー根本裕幸氏のもとでカウンセリングを本格的に学び始めました。

その後、不思議なことに自分の経験を話したり、相手の話を聞くことで
「心が軽くなった」と言われることが徐々に増えてきました。

私の経験したことが、多くの人の力になれるならと思って
現在は自らの経験と今まで学んできたカウンセリングの知識を活かし、

安心できる居場所の提供として
「スクールカウンセラーの世話になったことがある人」を専門に、カウンセラーとして活動しています。