学校で居場所がないと感じているあなたに贈る、休み時間のやり過ごし方法

私のブログに学生(特に小中学生)が辿り着くのか?という疑問はありますが、本日はこのテーマでやっていきたいと思います。
休み時間を持て余しているみんな~!これは役に立つぞぉ~!!


①机の中の整理 難易度☆
主に5~10分休みに使える手法。
机の中の教科書やノートを時間割順に並び替えて取り出しやすくしたり、道具箱やカバンの中身を丁寧に整理すると、あっという間に時間が経つし、身の回りが奇麗になっていい気分になる。ついでに先生に褒められるかもしれない。

💡これができると…
片付けられる大人になります。
大人の中には残念なことに、自分の部屋どころか会社の机も片付けられず物で溢れかえらせる人がいます。

そうすると必要な書類や会社の共有物を失くしたりして、周りの人を困らせることになります。
良い子の皆さんは今のうちに、身近なところからお片付けスキルを磨いておきましょう。


②校内の安全地帯探索隊 難易度☆☆
主に中休みや昼休みなどの、長めの休み時間に使える手法。
体育館のトイレ(大抵古い)や、建物の隙間、飼育小屋の裏、階段の死角など、人通りの少ないところを探し、そこで休み時間を静かに過ごす。

*今の時期は熱中症や虫刺されが心配なので、水道の場所の把握や、ポケットにムヒを忍ばせるなどの対策をしておきましょう。

また、どのクラスや学年にも自分と似た雰囲気を持つ人間が一人くらいはいるので、そういう同類と思わしき人に出会ったら、心の中で(同志よ・・・!)と思ってもいいし、声をかけられそうだったらそこで友達になってしまいましょう。

このとき「お、お前ぼっちなの?」などのドストレートな言葉を使うと、相手は心のシャッターを猛スピードで閉めてしまうかもしれないので、「お、お前も校内ミステリースポット研究会の会員?」などのジョークを飛ばしてコミュニケーションを図ってみましょう。
あなたのユーモアセンスが試されます。(私のセンスについては何も言うな)

💡これができると・・・
あなたの視野が広がります。
今の、そしてこれからの世の中では、発想力や創造力といった要素が今までより一層大事になっていきます。

「仕事とはどこかの会社に所属して決められた業務もこなすものではなく、自らつくり出すもの。」という価値観も浸透していくでしょう。

そこで大事なのは、他の人が気付かない視点でものを見る力です。
あなたは校内を探索しながら、他の生徒や先生とは違った視点で学校のことを知っていって下さい。それが将来、社会人になったときに役立ちます。

*くれぐれも危険なところには立ち入らないように!
ギリギリ怒られないようなグレーな場所を探すのも訓練の一つです。


③自分の好きなことを突き詰める 難易度☆☆☆
どの休み時間でもできるけど、ある意味一番難しい手法。
あなたの中にある「これが好き!これをやりたい!」というものにとことん集中するというもの。

漫画を描くのが好きなら、休み時間中ずーーっと描く。
食べることが好きなら、今日の給食や夕食の献立のことをずーーっと考える。
要は自分の世界にどっぷり浸かるということです。

あなたが真面目に学生をやっている場合、学校生活の大半は誰かと関わり続けることになります。
授業でペアやグループで学習するとか、掃除当番やクラブ活動や委員会活動などなど、学校は他者と密接に関わることだらけの場所です。

その中で休み時間というのは、数少ない貴重な「あなただけの時間」です。
一定のルール内であれば、自由に過ごして良いのです。

今は熱中するほど好きなものが無いというあなたも、図書室でテキトーに本を眺めてみたり、「私は何をしているときが楽しいかな~?幸せを感じるかな~?」と考えながら気ままに過ごしていると、ある日ヒントに気付けるかもしれません。

💡これができると・・・
ライフワーク(生きがい)を見つけられます。
人間とは、つい色んなことを考えてしまう面倒な生き物でして、ただ衣食住(生きていくために必要な最低限のこと)が保証されているだけでは生きていけないのです。

また、ただ社会に属しているだけでは、「一体私は何のために生きているのか?」という問いが頭を支配し、生きていくのがしんどくなってしまいます。
毎日家と職場(学校)の往復だけ、家では別に何もしていないという生活は味気ないのです。

そこで必要になってくるのが「『私はこれをやりたくて生きている、これがあるから生きていける』というものが自分にはある」という意識です。

大人になると嫌でも世の中の色んなことを知ってしまうし、自分でやらなきゃいけないことが沢山あるので、頑張って意識しないとすぐに自分の「好き」を見失ってしまうのです。

その点、学生のときはまだ世間のそういった雑音から離れていやすい時期なので、今がチャンスなのです。
生きがいを見つけられれば、それだけでだいぶ生きやすくなります。

***
今日は柄にもなく長文で語ってしまいましたが、だりぃなあと思いながらも毎日学校に通っている頑張り屋さんの助けになれば幸いです。

投稿者プロフィール

Fuka
Fuka
スクールカウンセラーにお世話になった人に安心できる居場所を提供したいとの思いで、心理カウンセラーとして活動しています。

詳しいプロフィールはこちら