ふぁーコーチのコーチングその③:私好きなこととかものってないんだけど、どうしたら見つかるのか問題

前回泣いたわ報告記事を上げたあと、「今の私に必要なのは白馬に乗った王子様ではなく、仏様なのではなかろうか。早くお迎え来てくだされ」と老婆のような気持ちになっておりました。

しかし、私生きてますなう。

そしてお弟子仲間の講座にオンライン参加したり、ふぁーコーチとしゃべりまくったりしていました。
元気じゃねぇか。

そんな感じで今回も始めていきます。

以前、私のコーチングの目標は他人と適切な距離感でコミュニケーションを取るだのなんだのとしゃらくさいことを書いたように思うけど、解決したい問題はもっと根本的なものであります。

私、好きなこととか物ってぱっと出ないんですよね。
推しがいるとか、これが趣味とか、これについて語りたいとか、これをやっている時が生き生きしてるとかそういうものが一切ない。
なんで?

まあ課題とかで出せと言われれば考えてそれなりに答えるんですが、一生懸命絞り出して答えてる感じがしてしんどい。
好きなものについて話すのにしんどいってなんだよ。

昨日のコーチとの話でも、何を食べてる時が幸せかとか、これをやりたいとかないのかっていう話が出たときは「ないっすね」という返しをしちゃって、自分でもつまんねぇ回答だなぁと思ってしまいました。

でも私の低いテンションがコーチには面白く感じられたようです。

私の周囲へのディスり発言の数々…「話の持っていき方が同じだと飽きるんだ。もっと話の引き出しを増やせよ。」とか「昔の自慢話をする奴が世の中多い。特に男!そんな何十年も前の話は時効だろ」とかそんなのをコーチは爆笑しながら聞いていました。

毒づくときだけは元気になる女、それがFukaです。なんて自己紹介だ。
今後は自分の好きなものを見つけたり、やりたいことをやるとか、楽しいという感覚を知るという目標ができました。
(何かこう書くと自分が機械のようですが、ちゃんと血の通った人間です。)


はぁ。またカウンセリングとか心理学に関する内容じゃなくなった。

もうさぁ、お弟子さん講座もこれから4期だってのに、私何してんだろ。
これ以上優秀な弟子が増えると、私の馬鹿さが更に目立っちまうよ。

でも今回は海外在住の人が何人も参加しそうだし、そしたらとびっきりハジケた人に出会えるかもしれない。
なんか海外在住ってだけで、でっかいスケールで生きてそうな感じがする。(偏見か?)

今後いい意味でぶっ飛んでるやばい奴がお弟子の中に増えてきたら、変態(的な生き方をしている)部ができるな。
その時はコーチに部長になってもらおう。

投稿者プロフィール

Fuka
Fuka
スクールカウンセラーにお世話になった人に安心できる居場所を提供したいとの思いで、心理カウンセラーとして活動しています。

詳しいプロフィールはこちら