親密感の恐れin講座後の反省会兼打ち上げ

前回の続きです。
途中、しどろもどろになりながらも何とか90分の講座を終え(講座自体もそうだけど、私には90分間人前に立ち続けるという事が大変でした。)、参加者からアンケートと投げ銭を頂きました。
(気になる投げ銭の額は、良いお肉が食べられる額とだけ…)

今回講師をやったことで、お金を頂くことへの抵抗が軽減されたり、自分の癖(困ったらネタに走るとか動きがせわしないとか…)にも気付けました。
アンケートありがたいっす。


ミニ講座終了後の打ち上げのときに「今後どうする?」という話が出まして、そこで「お弟子仲間同士でまた講座してみたら?」という流れになった時は、思わず「うわ逃げたい」と思ってしまった。

更には「一緒にやろうよ!」と言ってくれた仲間に対して、「私よりもっといい人がいるよ」とベタなお断り文句を言ってしまった。

私は一対一の関係は作れても、複数人(要はグループでの活動)になると途端に心理的なハードルが上がるんですよね~(汗)

そして今回の話に出たのが「身内ではなく一般のお客さんに向けて宣伝し、会場に来てお金を払って講座に参加してもらう」という事ですよ!?

これって私にとっては具体的な準備(テーマ選定、資料作成、申し込みフォーム作成や当日の流れの確認etc.)よりも、心の準備が必要でして。

今までの距離感だったらいい仲間でいられたのに、一緒に一つの講座をする=ビジネスをするとなった時に、この距離感がどう変わってしまうのかが怖いのです。

もっと言えば、今の距離感だからこそ好きでいられるのに、一緒に講座をやることで心理的な距離が近づき、結果相手のことを嫌いになってしまうんじゃないかという恐れがあるのです。

ビジネスというのは「楽しくサークル活動しようぜ!」とか「磯野~野球しようぜ!(by中島)」みたいなノリだけでは出来ない部分も多々あるし、シビアな話をすることでギスギスした関係になる可能性もあるわけじゃないですか…。

なーんか私、ロックマンだの野良猫だのと言われる男性心理が分かってきたような気がするぞ…。

しかーし!紆余曲折の結果、なんと3人で講座をやることにしました!
何やかんや言いつつも、新しいことに挑戦したいという気持ちの方が勝ったんですよね。

詳細はなるべく早く出したいのですが、ここまで読んでくれた私に1ミクロンでも興味のある方は、今すぐ手帳に【9/25 19:30~21:00 神楽坂セミナールーム 3,000円持っていく】と書いて下さい!!!

当日は(まさかの?)男性カウンセラーと、可愛い(だけじゃない)後輩系女子のカウンセラーと講座をします。

講座の準備を通じてFukaがどう成長していくのか、その生き様を見てやってください。

 

*追記*
先日、数秘術を学んだマチコカウンセラーが私の数秘を見てくれました!
数秘に関する記事は前にも載せましたが、マチコさんの視点で語られるFukaの生態?いえ価値・魅力なんかを見て下さい!!

⇒記事はこちらから!

投稿者プロフィール

Fuka
Fuka
スクールカウンセラーにお世話になった人に安心できる居場所を提供したいとの思いで、心理カウンセラーとして活動しています。

詳しいプロフィールはこちら