厄介な変身願望-3分クッキングのように手軽にすげぇ奴になりてぇ-

「友情・努力・勝利」が少年ジャンプのスローガンらしいですが、私は「迅速・確実・大勝利」をスローガンにしています。しかし納得のいく結果が出ておりません。

私は努力なんて面倒なことが大嫌いなので、ちょっとやってみたらすぐに凄い結果を出して栄光へのスターダムを駆け上がりてぇと常に妄想しています。

ネットで天才と呼ばれる人(ジャンルは問わない)の記事を読んでは「私もこんな凄い人になりたい」と思い、SNSで上手な絵や面白い文章を見ては「これ私が書いたことにならねーかな」と嫉妬します。

私はもともと成果主義なところがあり、「今世において自分が何を成したか」という問いに、ハッキリ応えられる何かが欲しいとずっと思っています。私に流れる武士の血(ほんとかよ)が、手柄を立てよと騒いでいるのです。

そして同時に変身願望も強いです。私は幼い頃親戚のおばさんに連れられてセーラームーンの映画を観に行ったのですが、私は変身シーンだけガン見して、他のシーンはポップコーンに夢中だったそうです。

今も昔も変身ヒロインもののアニメは多いですが、私は冴えない女の子が魔法などのスペシャルパワーによってガラッと変わるような「一発逆転!」「劇的ビフォーアフター!」「大きなギャップ!」というのが大好きであります。というか人生を逆転させてえ。

ここでまたネガティブ寄りの話になりますが、私は「そのままの自分では愛されない。人に凄いと思われるような特別な能力や才能が無ければ相手にされない。だから違う自分に大きく変わらなければならない。」という強い信念があるんですよね〜邪魔だし要らんのですが捨てられないんです。お焚き上げ供養したい。

別にうさぎちゃんはセーラームーンに変身しなくたって家族や友人に愛されているのですが、私は変身して敵をボコボコにして、何ならタキシード仮面(今更ながら変な名前だよな)が助ける必要もないくらい(ついでにマーキュリー達の出番も奪う勢いで)無敵でなければならないという独りよがりな考えに支配されていて、そりゃしんどいわ!という感じです。

さて、ここまでをまとめると、①努力はしたくないが、人からチヤホヤされるような凄い結果は出してぇ。②素の自分には価値がないから、魔法みたいな非現実的な力+3分クッキング的な手軽さで凄い能力と魅力を兼ね揃えた別人みたいになりたい。③上記の例で「セーラームーンって何?プリキュアじゃないの?」と思った若造は私の敵だ失せろ!!!ということです。

次回に続くかは全く分かりませんが、何とか別世界から帰って来ようとしない現実逃避中の私(精神の80%を占めている)を娑婆に戻すための方法を考えたいと思います。

なので読者諸君は全く期待しないで待ってて下さい。そして今後、このブログが全く面白くも役に立たなくても「こいつは素晴らしいブログだ!」という幻覚に囚われながら読み続けて下さい。

投稿者プロフィール

Fuka
Fuka
スクールカウンセラーにお世話になった人に安心できる居場所を提供したいとの思いで、心理カウンセラーとして活動しています。

詳しいプロフィールはこちら