お悩み相談: いつも陥るパターンから抜け出したい

今回はMさんから頂いたお悩み相談に回答していきます。
私も抜け出したいですね・・・このいつものパターンから・・・

【相談内容】
題名: いつも陥るパターンから抜け出したい

こんにちは。
時々、ブログを拝見してふうかさんの世界観にグフフと笑いながら、面白さを感じているMです。

ふうかさんに聞いてもらいたい。できたら助言をいただきたい案件があります。

私は自分の興味のある事や楽しそうと感じた事は、即行動して、最初は楽しく始めるのですが、やっていくうちに、だんだんしんどくなります。
楽しくなくなり、義務や犠牲で頑張ろうとしてしまい、いつしか疲れて何もかも投げ出してやめたくなります。

特に人に認めてもらったり、リクエストをもらったりすると、私には恐れ多い、ちゃんとやらなくっちゃ!って緊張して苦しくなります。
毎回このパターンに陥ります。

一例を挙げると、ソーイングでエプロンづくりが好きで、最初は自分や身内用に気楽に作っていたのですが、周りから評価や依頼を受けるようになり、嬉しくて販売を始めました。

しかし、お客様の要望に応えていくうちに自分の力量の無さやお金をもらうからにはちゃんと仕上げなくては!と緊張する様になりました。
いつしか依頼が恐怖に感じるようになりました。
最初はあんなに楽しく気楽に好きなペースでやっていたのに、今は義務感しかありません。

身近な人からは、安請け合いしすぎ、自分のキャパを自覚すべき、完璧主義者と言われます。
その通りと思います。
楽しく気楽に自分のペースでやりたいです。

毎回のこのパターンから抜け出すためにはどうしたら良いのでしょうか?
気が向いた時にお返事いただけたら幸いです。
よろしくお願いします。

【回答】 
Mさん、まずはお返事が遅くなり申し訳ありません。相談いただいてから1カ月以上たってしまったのは、ひとえに私が「面白くて、すらすら読めて、ちゃんとためになるクールでジーニアスでインタレスティングな回答」を目指してしまったからです。

そして…できませんでした!!!(土下座)

こうなったらもう何もかも忘れて沖縄の海にでも飛び込みたいような気分なのですが(根本先生は今まさに行っているようですね。嫉妬で気が狂いそうです。)、わずかに残った理性に従い、何とか回答していきたいと思います。

>私は自分の興味のある事や楽しそうと感じた事は、即行動して、最初は楽しく始めるのですが、やっていくうちに、だんだんしんどくなります。

楽しくなくなり、義務や犠牲で頑張ろうとしてしまい、いつしか疲れて何もかも投げ出してやめたくなります。

特に人に認めてもらったり、リクエストをもらったりすると、私には恐れ多い、ちゃんとやらなくっちゃ!って緊張して苦しくなります。
毎回このパターンに陥ります。

めっちゃあるあるですね。私も思い当たる節がありすぎて「逆にどうしたら良いと思います?」などと質問したくなってしまいました。これでは本末転倒です。

そこで私の場合はどんな時にこの状態になるかを考えたところ、

①よりよいものを作りたい・提供したいという気持ちが強いとき
②相手に喜んでもらう・評価してもらうためには、ただ言われたことをやるだけでなく、それに+αが必要であると思っている(こういう社員教育を行っている企業って多いと思います)
③周囲の人に「あなたは○○が出来るもんねーすごいよねー」等の言葉を受けると喜びよりプレッシャーを感じる

この辺が主な理由として挙げられました。Mさんに思い当たる節はありますか?

そして私の脳内ではじき出された計算によると、「やっぱ自己肯定感を上げることが大事ですよねー」という100億回は聞いたわ!という結論になりました。完!!(嘘です、続きます)

Mさんの場合、「ソーイングでエプロンづくりが好きで、最初は自分や身内用に気楽に作っていたのですが、周りから評価や依頼を受けるようになり、嬉しくて販売を始めました。」とあるわけですから、「お金を払ってでもエプロンを作ってほしい」と思っている人がいる=それだけMさんが価値を持っているわけです。まずはそれを素直に喜びましょう。

そして、Mさんが趣味をビジネスにする場合は、「趣味モード」と「仕事モード」を切り替えられる工夫が必要かと思います。

Mさんが趣味としてソーイングで周囲の人に何か作ってプレゼントするならば、いっそ「この人の為ならめっちゃ手間暇かける!!」とか「この人には義理だからこんなもんでいいか」とか自分の気持ち(感情)に素直に従った方が楽しく、ラクにできると思います。
趣味は自分の好きなことなのだから、義務感でやっていたらそれは好きなことではなくなっていきますしね。

一方、お金を頂くということは多少なりとも緊張感が生まれますよね。
材料代や完成までにかかった時間に対する費用等を計算し相手に「○○円です」というのは勇気が要ります(自分にはそれだけの価値があると思っているのだから)。

しかし「限られた予算と時間の中でできるものを作る」という割り切りはしやすい(=過度なサービスをしない)と思います。ここで無理すると犠牲になってしまいますから。

どちらにも共通して言いたいことは、「Mさんご自身が作品(あるいは商品)に満足できるかが大事」だということです。もちろん相手の反応は気になりますが、そればかりに気を取られてしまうとどんどん苦しくなっていきます。
Mさんの貴重な時間と労力をかけるわけですから、「満足感」や「達成感」といった要素は大事です。

なので、ソーイングにせよ他の興味あることにせよ、自分が「楽しい!」と感じてやっていたことを人に認めてもらったり、リクエストをもらったりされ始めたら、しつこいくらいに自分に「今、楽しんでる?」と聞いてみて下さい。

最初は「楽しい!」だったのが「うーん…」とか「…(ノーコメント)」となってきたら勇気を出して一旦立ち止まって休みましょう。無理すると全部ぶん投げたくなりますから。
しばらくぼへっとしてたら「やっぱやりたい!」とか「次からこれは断ろう」とか今まで自分が気付かなかった気持ちが出てくることもあります。

あとMさんの長所はフットワークの軽さだと思いますので、興味を持ったものにどんどんトライしてみて、そのやったことを記録していけば「うわ、私めっちゃ色んなことできるじゃん!!」ということに気付けると思います。

色んなことに興味を持てるということは、それだけ視野と世界が広がるチャンスがあるということですので、その長所を大事にして頂きたいなぁと思います。

そんなわけで(?)、楽しく気楽に自分のペースでやるためには「『今自分が楽しんでいるか?』をチェックし、しんどくなってきたら早めに離れるとか休むとかするんだよ。まず自分、次に相手だぞ」というまとめでいかがでしょうか?

投稿者プロフィール

Fuka
Fuka
スクールカウンセラーにお世話になった人に安心できる居場所を提供したいとの思いで、心理カウンセラーとして活動しています。

詳しいプロフィールはこちら