ヒロシの『ひとりで生きていく』を読んだらライフワークの参考になりそうなことが書いてあった

‐今回のあらすじ‐
近所の本屋がやっと営業再開をしたので、私の創作意欲を掻き立てるような本を探したところ、芸人兼ソロキャンプYouTuberであるヒロシの『ひとりで生きていく』を買っていた。

買った本⇩
買った本の写真


ライフワークを考える上で参考になりそうだと思った箇所

①ノートに妄想を書きなぐる
・自分が売れたらやりたいこと」を書いて、いかにそれを実現していくか具体的なやり方を書く。

私の場合は、どんなクライアントさんに来てほしいか、どんなメニューを用意するか(お弟子の講座中にもやったんだけど、それを更新する)といった基本的なことから、

・カウンセリング体験会をするなら、ポスターやチラシのデザインどうしようかな?どんなブースのデザインにしようかな?

・コンセプトはどうしようかな?対面カウンセリングだったらどんな雰囲気の場所にしようかな?

・年収1000億の富豪が思わず「私の専属カウンセラーになってくれ!」と言ってくれるようにこのブログの知名度を上げなきゃなぁ~(これはただの願望)

…ということを「楽しく」書いていきたい。

②たくさんのタネを同時に蒔く(いろんなことに手を出す)

・何が向いているかや上手くいくかはやってみなければ分からないから、まずは成果が出るかどうかを考えず色々なものに同時に手を出して、その中から芽が出たものに注力すればいい。

・同時に色んなタネを蒔くことで自分の前に複数の道が出来るから、それが他と比較して自分に合っているか分かるし気楽に取り組める。

私も色んな書き方やネタを使ってブログ書いてるんですよ~
だからこんなカオスな状態になっちゃったんです。

あと個人的に刺さったワード:【根拠のない自信は崩れない】

・根拠のある自信はそれを打ち消す事実があると容易に崩れ落ちるけど、根拠のない自信は「自分は面白い」とか「イケてる」とか頭の中で思っているだけだからなかなか崩れないってこと。

根拠のない自信を持てるくらい高い自己肯定感を持ちたい。でも人の意見を聞く耳は残しておきたい。
バランスって難しいっすね…。

(この記事を奇跡的な確率で本人が見てたら、サインとかお勧めソロキャンプスポットとか教えてくれないだろうか…)

投稿者プロフィール

Fuka
Fuka
スクールカウンセラーにお世話になった人に安心できる居場所を提供したいとの思いで、心理カウンセラーとして活動しています。

詳しいプロフィールはこちら