私が執着しているものと手放し本について。

3月に根本先生から本を頂いておいて、書評も感想を書いていないという体たらく。も~し訳ない!

でも師匠~私今から宣伝しますよ~!

まずはとりあえずペタっとな。

【執着を手放して「幸せ」になる本】

すごく ために なる ほん。

みんな100冊くらい買ってあげて!!


以下蛇足!(急なテンションの低下注意!)

本を読んで、私が一番欲しくて執着しているもの、それは幸せな過去だと気付いたのです。

誰も怒らず、泣かず、苦しまない。

辛いことなんて何もない。

私に酷いことを言う人なんて誰もいない。

だから私は私を嫌うことなんてしない。

そんなありもしない、到底不可能な夢に執着しているなんて嫌ァ!(気付き①)

あんなに辛い過去なんてあってはいけない。

あんなものは無かった。

そう思いながら生きてきた。

そんなん嫌ぁ〜(気付き②)

一体いつから自己否定しているのかよく分からないし、常にどこかが麻痺している気がする。

これも嫌ぁぁぁん(これは前から気付いてた)

今までの生き方では行き詰まりそうだから、色んなことを手放したいが、イメージワークはいつもうまくいかない。

頭の中のお喋りが止まない。

集中しようとしても、意識はすぐ別のところに逃げてしまう。

頭の声はいつもこう言う。

「今までずっとこのやり方でやってきたのに!」

「もし執着を手放してうまくいくようになったら、今まで苦しんでた自分が馬鹿みたい。そんな現実は見たくない。」

要は覚悟が決まっていないということです、はい。(気付き③)

全く、見たくないものだらけだ!こんなもん直視したら精神が保たない。

見たくなーい。でも気になーる👀

私は私を助けたくなーい!だって面倒くさいし大変だし可愛くないし嫌なんだよぉぉぉ!!

でも今更自分を全く違うものに改造するなんてことはできないし、できるのは否定か破壊することだけなんて、虚しくないですかぁ⤵︎

じゃあ腹括って自分と向き合いなさいよ!手放しまくりなさいよ!ちゃんと過去をお焚き上げ供養しなさいよ!

という気持ちに気付かされる本でしたよ、ええ。(でも今日はお腹痛いから明日か一年後にするね。)

執着を手放すには、覚悟と幸せになることを自分に許可しないといけないんだよ。

(と、師匠のブログに多分載ってた、知らんけど。)

私は志し半ばで倒れたけど、ガッツのある武闘派の方々ならきっと取り組んで良い結果が出せるはずですよ…😇

そしてむしろ私を励まして救って欲しい。

投稿者プロフィール

Fuka
Fuka
スクールカウンセラーにお世話になった人に安心できる居場所を提供したいとの思いで、心理カウンセラーとして活動しています。

詳しいプロフィールはこちら