職場の問題から見る私の心象世界(?)問題提起編

全宇宙の悩める子羊の皆様こんにちは。
毎度おなじみ人生常に迷走中のFukaです。

新年度になり早4日。皆様新生活いかがお過ごしでしょうか。
私の周りは色々問題が起こっていて、それはもう刺激的で楽しい……

ワケがね~~~~~んだよおおおお!!!

んも~イライラ・モヤモヤでいっぱい!花粉と同じくらいムカつく!!

「すべての問題は自作自演」という心理学の格言があるらしいのですが、もしそれが本当なら、私は何のためにこんな問題を引き起こしているのでしょうか?

今回・次回の2回に分けて考えていきたいと思います。

問題①上司が全然ダメダメ問題

現在、私は週4日程度物流センターの清掃バイトに行っているのですが、ここの上司(マネージャー)が問題人物でして。

ざっと問題点を上げると、

・全然現場に来ず、備品の管理も杜撰でいつも何かしら必要なものが欠品している状態。

・しょっちゅう給与計算を間違える。以前いた人は月の半分の給与が支払われてなかったこともあったとか。

・連絡を見ない、見ても返信が遅い。

ひどくないですか!?

細かいところを上げるとキリがないので、主に困っている点を挙げてみました。

なんでこんな人がマネージャーやれるんですかね?


問題②犠牲行為しちゃうじいちゃん問題

マネージャーがこんな調子なのに現場が回っているのは、バイトリーダーポジションのじいちゃんが頑張っているからであります。

このじいちゃんは

・シフト表の作成

・不足している備品の買い出し(お金は立て替えてる)

・マネージャーへの連絡(現場と本部へのパイプ役)

・他の従業員の相談にのる

など、実質的なマネージャーの仕事をしているにも関わらず、待遇や給料は他の従業員とほとんど変わらないのです。

おかしいでしょ!

でも本来やらなくて良いことまでやってしまうのは困った部分でもあり…

「じいちゃんが色々やっちゃうからマネージャーが余計仕事しなくなるんだよ!」と周りから何度言われてもやっちゃうんです。


問題③話を聞かないオバちゃん問題

私は午前のみのシフトですが、午後のシフトのオバちゃんがかなり困った人で。

・とにかく自分の話をしたがり、人の話は逆に聞こうとしない。

・マイルールが多く自分のやりたいようにやるため、道具の場所が変わっていたり、必要な箇所の掃除をせず、逆に掃除済みのところをもう一度掃除したりする。

・言うことがコロコロ変わる。事実なのか自分の考えなのか曖昧な表現が多い。

とまぁ、コミュニケーションに難ありありな方なのです。

でも午後の掃除は人数がギリギリで(午前もいないけど)この人が辞めると困るのでマネージャーもバイトリーダーも強く注意出来ないみたい。ええ~。


とまぁ、こんな感じで困ったことが多い我が職場ですが、これは私のどんな心理が現実世界に投影されているのでしょうか?

次回分析していきたいと思います。