ただ寝ることだけが休むことではないらしい。Otium(オティウム)という考え方

今回のテーマは「休む」について。

私は休み方が下手だなあと思う人は読んでみそ。

私は以前企業の適正診断を作っている人のコーチングを受けたときに、「休むって、ただ横になって寝ることだけを指す言葉じゃないんだよ」と言われたことがめっちゃ印象に残っております。

その時に紹介されたのが「Otium(オティウム)」という考え方でした。

Otiumというのは、好きなことやモノに集中することを言い、それをすることで自分が充電されるかがポイントになるそうです。

(補足)
Otiumとはもともとラテン語で「自由な時間、思索にふける休息、無為」などの意味があるそうで、古代ローマ人は生活の時間を2分して、働く時間(または生存のために必要な時間)をnegotium(ネゴティウム)、それをしない時間をotiumと呼んでいたそうです。

“otiumは働いていない暇な状態や、休息やレジャーのための時間を指すのではなく、自己に配慮し、より良い存在をめざすための自由時間、自由な者になるための実践を意味する。”
(「愛するということ」ベルナール・スティグレール より引用)

よく休日に釣りや登山やゴルフなんかに出かけているお父さんや、友人とライブやカラオケやナイトプールではしゃぎまくるパリピなんぞを見ると、私は「こいつら週5で会社行ってるんだよな?なんでいつもこんなに元気なんだ?」と疑問に思っていたのですが、彼らはそうやって充電していたのですね。

はしゃいだり遠出することは疲れるだけだと思っていた私にとっては、マジで!?としか思えなかったのですが・・・。
(休み方ヘタ~)

やっぱ趣味とか自分の好きなことを知っておくのは大事なんですなぁ。

会社員時代の私は仕事以外の時間の過ごし方がヘタだったから病んだんだなと、今更ながら思いますわ。

休みの日に何をしたら良いのかわからない人は、「私は何をしたら満たされるんだろう?私の充電方法とはなんぞや?」って考えながら新しい趣味を見つけたり、過去にやっていたことを再開してみることをお勧めします。

それにしても、子供の頃は土日が楽しくて仕方なかったし、物がなくても自分で色々遊びをつくってたのになぁ。

それが今となってはただ既存のコンテンツをダラダラと消費していくだけなんて…う~ん。

何かを創造したい!という欲を持っていたいもんだぜ。

投稿者プロフィール

Fuka
Fuka
スクールカウンセラーにお世話になった人に安心できる居場所を提供したいとの思いで、心理カウンセラーとして活動しています。

詳しいプロフィールはこちら