ご報告

ここ2回の記事を(普段に比べて)多くの人が読んだようなので、ここに色々書いていこうと思います。

何だかここ2回のブログの記事で、フリーランス合宿に関わる人たちが色々思うところがあったようです。そりゃあれだけボロクソ書けばそうなんですが。

私と私を知る人(お弟子さん制度界隈がメインかな?)にとっては通常運転なんですが、合宿中はいい人を装っていたので驚かれたようです。

と言っても、色々思うのはメンターくらいで、受講生の大半は自分のことで精一杯だろうし、気にしてないんじゃないの?と思っています。

また、今は何だ何だ?と思っている人も、合宿が終われば元の生活に戻るわけで、そしたらきっとすぐに忘れるんじゃないのかな。

お弟子さん(カウンセラー養成講座)にはキャラが濃い人がたくさんいるので、私はその中では多分有象無象の方なのですが、フリーランス合宿では悪目立ちしてしまいました。

フリーランスって変人がなるもんだと思ってたけど、私は自分が思ってた以上に変な奴なようです。

ま、前置きはこの辺にして本題です。

今は合宿関係者との繋がりがしんどくなったのでTwitterを辞めました。(お弟子さん関連で一部の人にフォローしてもらってたけど、一瞬で辞めてすまぬ。)

だから今このブログの記事にたどり着く人はあんまりいないと思います。

ので!せっかくたどり着いてくれた人のために、しっかり本音を書いていきます。

ここまでの経緯を説明すると、メンター(指導者兼相談役)にキャリアマップという名の将来設計図に色々言われたことや、受注があんまり取れていないことをつつかれ滅茶苦茶イヤな気分になり、ブログで切れた。

私の心は荒み、周りの人(ってそれがどの程度なのかは知らない)が心配?とかしているらしい。ってことです。

こう書くとしょーもねぇなと思うのですが、こうなってしまった。私だって別に周囲に喧嘩を売りたいわけじゃないけど、我慢の限界だったから書きました。

この記事を書いた時点では、合宿関係者に相談できる人がいませんでした。メンターとか統括とかの運営陣に相談しようと思える人がいなかったからです。

簡単にいうと信用出来ませんでした。自己開示が大事という話がどっかであったけど、運営陣の自己紹介は簡単な経歴くらいしか分からず、どんな人間なのかや、信用に足る人物なのかが全然見えてきませんでした。

まぁWebスキルを学ぶだけなら、講師の人柄よりも教え方のうまさが大事だけど、人生に関わるって言うならもっと違う表現をしてくれよと。

正直、大人しく何もないまま波風立てず静かーに4週間終わってくれたらどれだけ良かったかと思います。

キャリアマップなんて、メンターに言われたことをへいへい言いながらテキトーに作って、終わった瞬間に全消去すれば楽に何事もなく終わらせられたのに。

いちいち腹を立てるのも面倒なんだけど、この性分は直らないんだよなぁ。

それにしても、メンター陣もどうせこのブログ読むならプロフィールとかカウンセリング案内とかも見てくれれば良いのに。

そして頑張って今まで生きてきてすごい!!素晴らしい!!くらいのこと言ってくれても良いのに。

少なくとも最初からプロフィールとかカウンセリング案内文とか見てたら、私のコンテンツ作成の話が出たときに、何もやってないとかそんなことは言わないはずなんだから。

あーあ、また長くなっちゃった。今回はごく一部の人向けになっちゃったけど、また次回から通常運転になりますのでお待ちを〜。