生きてはいるけどキャリアマップつくりたくねぇの巻

将来設計をしたくねぇの回。

前回に引き続き相変わらずテンションの低い私でありますが、クラウドソーシングで仕事も探さずブログを書いています。

なんかこのブログ、フリーランス合宿のメンター陣にも見られてるらしいけど、でもそんなの関係ねぇ。

このブログにまで本心を偽った記事書いてたらホントやってらんないし、全宇宙1京人の私のファンが泣くし(このネタはずっと使い続けます)。

で、早速本題に入ります。
昨日は春野さんと楽しく茶をしばきながら色んな話ができてハッピーではあったのだが、キャリアマップとかいう憂鬱なブツのせいでメンタルがダークサイドに堕ちる場面もあった。

まず将来について考えたくねぇ。みんなの前で発表もしたくねぇ。
フィードバックとかやめてほしい。

Webライティングに関してはド素人だから、いくら添削されたり色々言われたりしても従うけど(まぁクソがとか思うかもしんないけど)、将来設計に関しては口出しをされたくない。

私の人生に介入するなと言いたい。
自己開示が大事だとか、言わなきゃ分からないとかの正論は置いといて。

人生とか将来とかそういうことは信用できる人間にしか話せない。
信用って何だよって思うかも知れないけど、そんなもん観察してればある程度は把握できる。

この人は物をどんな風に扱うか、どんな言葉遣いや話し方をするのか、些細な約束事も覚えているか、当番の仕事をやっているか、どのくらい周りのことを見ているのか、とか。

何でも相談しろと言われても、私にとっては相談ほど難しいことはない。
誰に何をどこまで言うのかを事前にしっかり考えておかないと、相談するより前に悩んだり苦しくなることもあるし。

考えすぎって言われることも多いけど、考えないと不安なんだからしょうがない。

んでんでんで、将来設計の話。

したくない。

だってキラキラした、明るい希望に溢れた設計を求められている感じがする。
そんなんやだ。なんかパッケージ化されている感じがする。

あとさ~~人生設計について考えさせるなら、もっと色んな年代とか経歴とかをもった濃い人間をメンターに増やしてくれよ。
せっかくフリーランスが集まる合宿なんだから、もっとぶっ飛んだヤツを連れてこいと言いたい。

別に20代でもいいんだけど、「臨死体験5回ぐらいして悟りを開きました」みたいな奴を召喚しろ。
そういうヤツちょうだい。もっとちょうだい。

もうさ~~

すっげぇいや!!

今週金曜が最終日だけど、それまでにこのクソキャリアマップが完成しないと木曜の内にバックレるしか無いんよな。
たぶん次の更新は木曜か金曜になると思うけど、私の末路を見届けてくれよな。